2013年のレース参戦計画

2013年のレース参戦計画RENAULT R31 F1
RENAULT R31 F1 / cmonville

前回の記事『私の夢はプロのレーシングドライバー』では、本当にたくさんの皆さまからの励ましと応援のコメント、フェイスブックでの「いいね!」をありがとうございました。

自分の決断を宣言したことで、気持ちも整理できてスッキリしましたが、これほど多くの皆さまに応援していただけることほど心強いものはありません。

とても非常識なチャレンジですが、これからの活動にも注目していただけたら嬉しいです。

 

2013年のレース参戦計画

プロのレーシングドライバーを目指す宣言をしたからといって、いきなり最前線で活躍できるわけではありません。最低限でも一定のレベルに達していないとプロとして活動することは困難です。

私の場合は、趣味の延長線上でしかレースに取り組んでいませんでしたし、何よりも2006年のシーズン最終戦を最後にレーシングカートのレースからも6年以上も遠ざかっていましたのでなおさらです。

今回のチャレンジ、1から全てやり直すつもりで再スタートします。以下が2013年、今年の参戦計画です。

<2013年レース参戦計画>

  • 8月 もてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”(ツインリンクもてぎ ロードコース)
  • 10月~12月 レーシングカートのスプリントレースに1戦以上の出場
  • 12月初旬 那須烏山マラソン

 

もてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”

最初のチャレンジは、8月のK-TAIに向けて『もしもカート部(MKB)』での活動が最初のレースです。もしもカート部の活動を通じて、より多くの人にレーシングカートの楽しさ、モータースポーツの魅力を実際に体感したり、興味を持ったりして欲しいと考えています。

スポーツカートというカテゴリのマシンで走るK-TAIはドライバーが交代しながら走る7時間の耐久レース。MKBのチームメンバーで力を合わせて完走を目指します。

レーシングチームの運営からもしばらく遠ざかっていたので、チーム作りを勉強する機会にもしたいと考えています。

何よりも自分が大好きなレーシングカート。しかも、もしもドロップシッピングのショップオーナー仲間の皆さんと一緒に楽しみながらチャレンジする企画なので今からとても楽しみです。

 

レーシングカートのスプリントレースへの復帰

次のチャレンジは、レーシングカートのスプリントレースに復帰することです。レーシングカートのレースはさまざまなカートコースでシリーズ戦として実施されていますが、年内中にどこかのカートコースのレースに最低でも1戦は参加したいと考えています。

現時点では、フェスティカ、イタコ、井頭モーターパークあたりのレースが候補です。

実際にスプリントレースに参戦することで、自分のその時点での位置付けを確認する機会にしたいと思います。そして、叶うなら2台体制でチームを構築して、もしもカート部のチームメイトと一緒に出場したいです。

 

那須烏山マラソン出場

最後の那須烏山マラソンはレーシングカートでも車のレースでもなくマラソン大会です。

この数年間、ほとんどパソコンに向かう毎日。柔軟性の低下、筋力の低下、動体視力の低下、体重の増加などを招きました。これでは、レース以前の問題です。まずは、できる限り元の身体を取り戻すことから始める必要がありそうです。

この1年で錆びついた身体をほぐし、柔軟性を少しでも復活させること。そして、レーシングカートのレース出場に必要な筋力や持久力などの基礎体力作りを行います。

 

2013年は体制作りと目の前の活動に全力を尽くす

レーシングドライバーは四の五の言わず、とにかくコースをマシンで走ることが大切です。

走るためには、車両とエンジン、タイヤなどさまざまな装備や消耗品が必要になるので、今年は、少ないながらもレースに参戦しながら戦える体制を整えていきます。

モータースポーツは他のスポーツに比べると、始めるときのコストもランニングコストもより多く掛かります。まずは目の前の活動に集中して成果を上げることに全力を尽くすことから、プロのレーシングドライバーを目指す最初の年のスタートを切ります。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA